遺産相続とは - 遺産相続、ここがポイント

遺産相続、ここがポイント

遺産相続とは

家族が亡くなった後は悲しみに暮れる暇もなくいろいろなことをしなければなりません。
葬式の準備や香典の管理、また弔問に来る人への対応などしばらくは故人について考える時間もないでしょう。
そんな中特に重要になってくるのが遺産相続で、これはスムーズにできなければ親族間でトラブルに発展する可能性もあるので注意が必要です。
家族が亡くなり、ただでさえ慌ただしい状況ですからトラブルにならないようにあらかじめ準備しておくことをおすすめします。

相続 相談

それではまず遺産相続とは何か説明したいと思いますが、簡単に言うと亡くなった人が残した財産を引き継ぐことを指しています。
ドラマなどでも遺産相続という言葉はよく聞きますが、具体的にどのように進めていくかは調べないと分からない部分がほとんどでしょう。

まず遺産相続の大きなポイントは2つあって、ひとつは「誰が相続できるか」というところ、もうひとつは「何を相続できるか」というところです。
ひとつめの「誰が相続できるか」という部分ですが、これは順番があらかじめ決められておりもっとも優先順位が高いのは配偶者です。
その次に子供で、配偶者と子供がいる場合は配偶者が2分の1を相続し、子供で残りの2分の1を相続するのが一般的です。
配偶者も子供もいない場合は父母、兄弟、祖父母にも相続する権利が与えられます。

次に「何を相続できるか」という部分ですが、これは基本的に財産になるものはすべて該当します。
お金はもちろん不動産や会社、車などもそうです。
このように遺産相続とは意外とシンプルなシステムになっているので、調べてみると分かりやすいのです。