遺産相続の種類 - 遺産相続、ここがポイント

遺産相続、ここがポイント
遺産相続、ここがポイント > 遺産相続の種類

遺産相続の種類

遺産相続は誰にでも起こりうる可能性があるもので、早くから知識をつけておくと良いと言われています。
実際に家族が亡くなった後、あわてて遺産相続の手続きをはじめなければならず困ったというケースは少なくありませんから注意してください。
そしてまず知っておいてほしいのは「遺産相続の種類」で、どんなものが相続できてどんなものが相続できないのか調べておかなければなりません。
遺産相続とは財産を相続することを指していますが、必ずしもすべての財産を相続できるわけではないのです。

はじめに相続できる財産ですが、これは大きく分けて4つに分類でき、不動産・動産・金融関係・その他となります。
不動産とは文字通り土地や建物、権利のことですし、動産は車、家具、貴金属、宝石、骨董品などの個人的な所有物から機械装備、器具、自動車、商品、製品などの事業用の所有物まであります。
そして金融関係は現金、小切手、預貯金(普通預金、定期預金、定額積立等)、株式、国債、有価証券、出資金、証券投資信託、売掛金、貸付金などが該当します。
それ以外にも電話加入権、ゴルフ会員権、著作権、特許権、漁業権なども相続可能です。

また墓地、仏壇、仏具、神具、香典などの特殊なものは相続できませんの覚えておきましょう。
最後に遺産相続はマイナスの財産の相続も可能になっており、借金や保証債務なども対象になってしまいますから、相続したからと言って必ずプラスになるわけではありません。
したがって遺産相続をする際にはマイナスになる財産の有無も確認しておく必要があると言えます。