相続の専門家にかかる費用 - 遺産相続、ここがポイント

遺産相続、ここがポイント
遺産相続、ここがポイント > 相続の専門家にかかる費用

相続の専門家にかかる費用

相続に関する問題は素人には分からない部分も多く、円滑に進めていくためには専門家に頼るのが一番いいと言われています。
そこで今回専門家に相続問題の解決を依頼した場合どのくらいの費用がかかるのか調べてみたのでお伝えしていきたいと思います。

はじめに相続のプロフェッショナルとしてあげられるのが弁護士・司法書士・税理士・行政書士で、だいたいこの中のどれを選択して依頼するのが一般的です。
まず弁護士に依頼するケースですが、たとえば遺産が3.000万円相当の場合、争いなど特になければ合計で180万円程度になるそうです。
弁護士には着手金と報酬が発生し、はじめに着手金を支払ったて問題が無事まとまった段階で報酬を支払うシステムになっています。
この場合着手金がおよそ60万円程度、報酬が120万円程度になります。
ただ相続問題が発生した場合はかなり高額になり、先ほどの案件と同等の金額だとトータルで480万円程度かかるみたいです。
これは争いを解決する分手間もかかりますし、仕事量も豊富になることが影響していると言えます。

次に司法書士や税理士に依頼した場合ですが、こちらは基本的に争いがないことが前提になります。
と言うのも裁判沙汰になったときに裁判所への同行は弁護士しかできないからです。
司法書士は登記、税理士は税務に強い特徴があり、費用は弁護士よりもやや安くなるでしょう。

最後に行政書士ですが、こちらは相続に関することを整理するならもっともおすすめで、遺産分割協議書の作成も可能ですから純粋に手続きをしたいのであればもっとも優先順位が高いでしょう。
費用も弁護士の4分の1程度に抑えられてお得です。