遺産相続と負債 - 遺産相続、ここがポイント

遺産相続、ここがポイント
遺産相続、ここがポイント > 遺産相続と負債

遺産相続と負債

一般的に遺産相続と聞くと亡くなった人の財産を引き継ぐわけですから、プラスになるイメージが強いです。
しかし実は遺産相続は必ずしもプラスになるとは限らず、場合によっては大きなマイナスになる可能性もあるので注意しましょう。

はじめに遺産相続をする権利があるのは順番で言えば配偶者が2分の1、子供が2分の1、その後は親や祖父母、兄弟といった流れになります。
そして相続できる財産は不動産・動産・金融関係・その他権利等とありますが、こういったものはすべてプラスの財産となっているわけではありません。
たとえば負債を抱えたまま亡くなった場合、その負債は負の財産として相続権利が与えられてしまいますから、相続するとなった時点で自動的に引き継がなければなりません。
3.000万円の財産を引き継ぐことになっても、4.000万円の負債があれば1.000万円のマイナスになりますから、引き継いだとしても得なことはないのです。

またプラスの財産だけ引き継いで、マイナスの財産は放棄するといったことはできませんから、もし負債を引き継ぎたくないのであれば相続放棄の手続きをしなければなりません。
相続放棄をすると一切の財産を放棄することになるので当然プラスの方の財産も引き継ぐことができなくなります。

手続き自体は弁護士を通じて行うことが可能なのでそれほど難しいことではありませんが、する前によく考えて相談して決断しましょう。
このように遺産相続は良い方向へ行く場合にあれば悪い方向へ行ってしまう可能性があることも考慮して、あらかじめいろいろな選択肢を考えておくのがいいかもしれません。