遺産相続と遺言 - 遺産相続、ここがポイント

遺産相続、ここがポイント
遺産相続、ここがポイント > 遺産相続と遺言

遺産相続と遺言

遺産相続の際に大きな効力を発揮するものと言えば遺言で、これを残しておくことによって誰にどれだけの遺産を相続させるのかが明確にできるためスムーズな遺産相続が可能になります。
今回はその遺言について少しお話していきますから、遺産相続でトラブルになる前に頭に入れておきましょう。

はじめに遺言書には大きく分けて2種類あって、ひとつは普通方式の遺言書、もうひとつは特別方式の遺言書です。
まず普通方式の遺言書ですが、これには自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言の3パターンあり、自筆証書遺言は文字通り自分の文字で遺言を書いたもの、公正証書遺言は公証人(公権力を根拠に証明・認証する人)に遺言内容を伝えて作成したもの、秘密証書遺言は自筆の遺言書を公証人に託す自筆証書遺言と公正証書遺言の間のようなものです。

次に特別方式の遺言書ですが、これには一般危急時遺言・難船危急時遺言・一般隔絶地遺言・船舶隔絶地遺言とあります。
一般危急時遺言とは死期が迫っていて通常の遺言書の作成が難しい場合に3名以上の証人がいるところで作成するもので、立会人の書面作成及び署名・押印は必要です。
そして難船危急時遺言は遭難中の船舶の中で立会人2人の自署・捺印のもとに残せるもの、一般隔絶地遺言は伝染病等で隔離された状態で残せる遺言書で警察官1名と証人1名以上が必要です。
最後に船舶隔絶地遺言は船舶中に残しておける遺言書で、船舶関係者1名及び証人2名以上の立会いと遺言者の自署・捺印が必要になります。

このように遺言にも種類がありますので残すときには覚えておきましょう。