遺産相続の手続方法 - 遺産相続、ここがポイント

遺産相続、ここがポイント
遺産相続、ここがポイント > 遺産相続の手続方法

遺産相続の手続方法

初めて遺産相続をする人の中にはどういう流れで進めていくのか分からない人も多いのではないでしょうか?
遺産相続の流れを把握しておくことでトラブルを避けられるだけでなく、マイナスの遺産を引き継がなくても済むので知ってくべきと言えるでしょう。
それではここから遺産相続手続きの方法を簡単に説明していきたいと思います。

はじめに被相続人が亡くなり、通夜・葬儀などを済ませた後に相続人は誰かを決めますが、このときに遺言書の有無を確認してください。
遺言書がある場合はその内容に沿って相続人が決まりますし、ない場合は法的に定めらている順番で決めていきます。
相続人が決定した時点で税理士を決めておくとよりスムーズになります。

次に相続をするかどうかを決めますが、これは限定承認あるいは相続放棄も含まれますので遺産をどうするかの最終決断になります。
ここまでは被相続人が亡くなってから3か月以内に行う必要があるので覚えておきましょう。
そして故人の所得税確定申告を行い、遺産調査、相続税対象財産、相続税評価額調査を行い、相続税申告書作成をします。
ここまでは10か月以内に行わなければならず、それが終わったらいよいよ相続税の申告と納税をします。
その後税務調査をして終了となります。

これは一般的な遺産相続の流れなので、イレギュラーな事態が起こったときにはまた違った対応になるでしょう。
詳しくは税理士などに確認するのが一番いいので、近くに事務所があれば問い合わせてみるといいですし、最近ではインターネット上には数多くの情報が公開されているので参考にしてください。