相続と税金の相談 - 遺産相続、ここがポイント

遺産相続、ここがポイント
遺産相続、ここがポイント > 相続と税金の相談

相続と税金の相談

財産を相続する際には税金がかかりますが、実際にいくら支払わなければならないのか自分でもよくわからないという人は多いのではないでしょうか?
相続税の仕組みは分かりにくいところもあるので、できれば専門家に相談するのが望ましいと言われています。

まず知っておかなければならないのが相続税の支払い義務が発生するのはどんな場合か、という点です。
最初にあげられるのは当然ながら財産を相続した人で、これは配偶者であっても子供であっても同じです。
次に財産をもらったときに日本国内に住所があること、さらに財産をもらったときには日本国籍を持っていた場合、被相続人の死亡日の5年以内に日本に住所があった場合も相続税を支払わなければなりません。
ほかにも日本国内に住所がなくても財産をもらった時に日本国籍を有していない、被相続人がその死亡の日に日本国内に住所を有していることの2点ともに当てはまる人も相続税の支払い対象者になります。

それでは相談するときには誰にするのが一番適切なのでしょうか?
税金に関することならやはり税理士がもっとも適切で分かりやすいですからおすすめですし、トラブルになりそうであれば弁護士の力を借りたほうがいいでしょう。
相続と税金の関係は切っても切れないものですし、必ず直面する問題なので自分の相談する税理士を日ごろから持っておくといいと思います。
税理士が一人決まっていれば確定申告のときにも役立ちますし、その他税金に関する相談もできます。
またインターネット上にも相続や税金の仕組みが記載されているサイトがあるので参考にしてください。